×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重顎 二重アゴ 解消で小顔美人になれます。

二重顎、二重アゴ 解消のためにあごのたるみを取りましょう、アゴの筋肉を鍛えると見違えるほどの小顔美人

サイトトップ > 二重アゴ 原因とは

二重アゴ 原因とは

二重アゴの原因は、筋肉の衰えが影響していると思われす。私は”人より太っているから二重アゴになる”と言う訳ではありません、もちろん太っていれば顔・首など全体に脂肪が付いてきますので見た目はそう見えてしまいますが、原因として一概に肥満ばかりを悪者にするのは早計です。


肥満の原因となる脂肪細胞は、アゴには極わずかしか存在しないんですね、別の言い方で言うと”アゴ”はお腹やお尻のように目に見えて太ることはない部位と言う事になります。


では何故、二重あごの原因として最も考えられるのが、顔の表情筋のおとろえです。


これは、日頃アゴを動かすことが少なかったり、小声でしゃべったりと表情をあまり変えないケース・食事などで良く噛まないケース・喜怒哀楽が出ない表情の硬い人などが、この表情筋が弱くなると言われています。


顔や首などの筋肉も、”うで”や”あし”の筋肉と同じように使わなければ当然に弱っていきます。”二の腕”の筋肉が落ちている人が手を振ると、ぶよぶよと振り袖状態になっているのを見かけた事はありませんか、”かお”や”くび”の筋肉だって同じで、衰えれば二重アゴになっていくと言う事ですね。


また、年齢とともに筋力低下していきますので、二重顎には加齢も関わってきます。


更なる原因が、”リンパ”です。顔には、様々なリンパが通っています、あごの周辺は特に病原体を防ぐために、細かいリンパ管が集中していますので、筋肉のおとろえがリンパの流れを停滞させてしまいます。すると、行き場を失った不要な水分などは、アゴの周辺に溜まってしまい結果として二重アゴにつながっていくと言うものです。


一口メモ
女性の年齢は顔年齢と言われるくらい、見た目の印象も大切です。顔の筋肉である表情筋をエクササイズすると、二重アゴ 解消・防止になります、リンパマッサージなどがおすすめです。