×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重顎 二重アゴ 解消で小顔美人になれます。

二重顎、二重アゴ 解消のためにあごのたるみを取りましょう、アゴの筋肉を鍛えると見違えるほどの小顔美人

サイトトップ > あごのたるみ解消

あごのたるみ解消

あごのたるみ解消に必要もの、それはコラーゲンやエラスチンの減少を防ぐと言うことです。

”ズバリ紫外線対策です”

紫外線は、お肌のはりに最も大切なコラーゲンとエラスチンを破壊します。日頃から紫外線予防に努めていきましょう、そして日焼け止め効果のある化粧品を使用したり、コラーゲンなど多く含む食材(魚系では、あんこう・うなぎ・スッポン・なまこ・鮭・フカヒレ・エビ・しらすなど、肉系の食物では、鶏の皮・牛スジ・豚の耳や足・手羽先)を少し意識して摂取するようにしていきましょう。

生活習慣の改善も大切なことなんです、規則正しい生活を心がけるだけで体の代謝が良くなりますので、血行が良くなり、お肌にも好影響がでてきます。小学校低学年に言うような事ですが、ここのポイントは”人間の体は自然の摂理に逆らっていては決して良くない”と言うことです。

夜は早めに寝る・朝は早く起きる・食べ過ぎない・運動をする、これらを習慣づけて行く事です、意識をして実行している人と、何もやっていない人では後ではっきりと体に差がでてきますので、少なくとも”正しい生活”の意識だけは持つようにしましょう。

これも生活習慣にある程度近い考えなのですが、あごのたるみ解消にエクササイズなどが効果的と言われています。継続していくことでリバウンドしない体(顔・顎)を作っていけるはずです。

二重アゴにも良い、あごのたるみを解消する顔のエクササイズを紹介します。


あごのたるみを解消

首のマッサージ

鎖骨の上のくぼんだ部分にリンパ節があります、その鎖骨のくぼみを横にゆっくり撫でます。リンパは液状で流れているものですから、撫でて流れを補助してあげると言うことです。(10回位で良いです)

顔のマッサージ

人差し指と親指で顎の骨の下を押し、フェイスラインに沿って耳の下まで指ずらしていきます。次に、鎖骨の下に両手のひらを重ねます、そして下に向かって手の重みをかけていき、顔は上を向き顎の下から首が下に引っ張られている感覚を得ましょう。

二重アゴの解消など、いきなり強く・激しいマッサージは注意して下さい。首やうなじ等の周辺は血管・神経・リンパといった大事なものがたくさん通っていますので、無理だけはしないで下さい。


舌出し療法

上を向いて口を開けて舌を上につき出します、そのまま約5秒ほど静止して下さい。次に顔は上を向いたまま舌を口の中にしまいます、その状態で約5秒ほど静止して最後に舌をゆっくり出します。


顎のたるみ二重あごは生活習慣やエクササイズを比較的に継続していけば、改善できるものではないでしょうか、勿論、程度によりますから外科的なものエステに行かれても良いと思います。ただ、どのような手段に頼ろうとも、数年・何十年も無理なくできる正しい生活習慣と言うものを意識づけていくことをお薦めします。