×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重顎 二重アゴ 解消で小顔美人になれます。

二重顎、二重アゴ 解消のためにあごのたるみを取りましょう、アゴの筋肉を鍛えると見違えるほどの小顔美人

サイトトップ > 二重アゴ 解消

二重アゴ 解消

二重アゴの解消は、食生活・日常の表情・筋肉の鍛練による顔とアゴの引き締め・リンパの流れを良くする、の四つに分けてそれぞれ実施していくと良いと思われます。

二重アゴのエクササイズを紹介します。

二重アゴ エクササイズ@:食生活

顎をきたえると言うものですが、軟らかくても噛み切りにくい素材を使った料理をおすすめします。 噛む回数を増やす食材は繊維質の多い根菜類が良いでしょう、また乾物類・軟らかくても噛み切りにくい油揚げ・こんにゃくをご紹介します。

顔のはりを意識するのであればコラーゲンを多く含む食材、魚系では、あんこう・うなぎ・スッポン・なまこ・鮭・フカヒレ・エビ・しらすなど。肉系の食物では、鶏の皮・牛スジ・豚の耳や足・手羽先などが一般的です。


二重アゴ エクササイズA:日常で注意する事

普段の生活でも、少し意識をすることで表情筋を鍛えることができます。日常会話では、意識して”はきはきと”会話するように努めましょう、あごの筋肉にはとても良い効果が出てくるでしょう。

首を上下に動かしたり、口を閉じて歯を食いしばるようにするのもあごの筋肉に良いです。


二重アゴ エクササイズB:顔のむくみ

顔のむくみを解消するだけでも、見栄えが変わってきます、顔のむくみやたるみはリンパの流れが悪くなって起こります。リンパマッサージをすると二重アゴ解消につながります。(下を参照)


二重アゴ エクササイズC:マッサージ

首のマッサージ

鎖骨の上のくぼんだ部分にリンパ節があります、その鎖骨のくぼみを横にゆっくり撫でます。リンパは液状で流れているものですから、撫でて流れを補助してあげると言うことです。(10回位で良いです)

顔のマッサージ

人差し指と親指で顎の骨の下を押し、フェイスラインに沿って耳の下まで指ずらしていきます。次に、鎖骨の下に両手のひらを重ねます、そして下に向かって手の重みをかけていき、顔は上を向き顎の下から首が下に引っ張られている感覚を得ましょう。

※マッサージの注意として、首やうなじ等の周辺は血管・神経・リンパといった大事なものがたくさん通っていますので、無理だけはしないで下さい。


二重アゴ エクササイズD:舌出し療法

上を向いて口を開けて舌を上につき出します、そのまま約5秒ほど静止して下さい。次に顔は上を向いたまま舌を口の中にしまいます、その状態で約5秒ほど静止して最後に舌をゆっくり出します。

二重アゴを解消するには、正しい知識をつけて、日常のエクササイズなどを継続する事が大切だと思います。